品番:JSN-181
価格:¥23,000
サイズ:全長42.5cm ビーズ21〜8mm
製作年代:1930年頃

フランス、ルイ・ロスレー社製のえんじ色という表現が最も相応しい、コクのある赤色のビーズのグラデーションネックレスです。中央に大珠、半円のクローム色の金属皿が2個入れられていますが、金属ビーズの中にもマカロン型の同色のビーズが差し込まれていますので、若干丸珠との間には、数ミリの浮きが見られ、凝ったデザイン性を魅せています。蛍光灯の下ではやや濃い茶色に、白熱灯などオレンジ灯火の元では真紅に見えるこの時代によく見られる赤色ビーズが使われていますが、ロスレーらしい艶感が楽しめる品です。留め金はオリジナルの鼓型のネジ式タイプ。糸では無くチェーンです。経年でメタルのメッキははく離している所も見られますが、状態は良い方だと思います。