品番:JUM-483
価格:¥25,000
サイズ:チェーン全長40cm  ヘッド(ベル部分のみ) 縦15mm 横15mm 厚み7.5mm
製作年代:1920年頃

フランス製、小さなベル型のチャームペンダントです。ベルは2枚合わせというスタイル。指で横にスライドすると、内側の片側にはキリスト像、もう片側には聖母マリアがいて、マリア側には足元に膝まづく3人がいます。彫り込まれている言葉から、1917年にポルトガルで出現したマリアと、3人の牧童であることが判ります。通常『ファテマの聖母』と呼ばれているもので、表のベルの上部には、十字架と共に2羽の鳩が寄り添う姿が見られます。モチーフから結婚式等に用いられる事もあるようです。経年でシルバーに古び色は付いていますが、大きなダメージは見られません。チェーンは現行品の細いアヅキで、40cmの長さに仕立てています。