品番:JTM-249
価格:\25,000
サイズ:直径10p 立ち上がり5p
製作年代:1940年頃

ロウ細工で花、パールのペップで蕾を表現した物を、一つ一つシルクコードで寄り合わせ、ティアラに製作したウエディング用の花冠です。ロウを溶かしながら、一枚一枚花弁に仕立て、束ねながら形に製作するというもので、19世紀初頭から20世紀中頃まで流行した、ひとつのスタイルです。やや小さ目の径ですので、頭上真っ直ぐ乗せるタイプでお造りになると宜しいでしょう。ベールは付属していません。ロウの花に2つに、花弁の数枚が剥離しているのが認められます。使用感はありますが、状態は良い方でしょう。