品番:JSE-395
価格:¥12,000
サイズ:直径24mm 中央直径12ミリ弱 脇直径5mm
製作年代:1950年頃

おそらくオーストリア製、ネオジウムと呼ばれる、蛍光灯下と白熱灯下では、それぞれ色が違って出る、ユニークなガラスが使われたクラスター型イヤリングです。ブリリアントカットよりも多面体にカットされたクリスタルのネオジウムラインストーンは、白熱灯下の下では淡い水色、蛍光灯下ではラヴェンダーへと変化を遂げ、中間の照明下では、曖昧な遊色性をみせています。石はそれぞれ細く小さな爪で留められ、バネは板式バネで、耳にしっかり着くように出来ています。メタルは金色メッキ色ですが、面には殆ど見えず、ラインストーンの色合いと輝きのみが印象として残ります。経年感も殆ど無く、美しい偏光ガラスを楽しめる品となっています。